草刈り

面倒な草刈りを手伝ってくれそうな全国各地の業者情報を中心にまとめています。

草刈り110番

この記事では、自分に合う草刈り業者を紹介してくれるサービス「草刈り110番」についてまとめています。



詳しい特徴についてもまとめていきますが、

  1. 利用したときのメリット
  2. 利用するときの流れ
  3. 利用した方が良いタイミング

この3つを中心にまとめていきます。


草刈り110番を利用したときのメリット

このサービスを利用するメリットは色々ありますが、中でも一番大きいのは「安心感」です。

これを説明する前に、まずリスクについて説明しておきます。


そもそも業者に依頼するときのリスクって?

適当な仕事をする業者に草刈りを依頼してしまうと、

  • 料金関連のトラブル
  • 飛び石によるトラブル

こういうトラブルがよくあります。

料金に関するトラブルは、見積書に書かれていない費用が後から発生するというやつです。

草刈り業者に限った話ではなく、リフォーム業者とかでよく話を聞くヤツですね。


これも厄介ですが、飛び石によるトラブルも厄介です。

場合によっては飛び石のせいで車のフロントガラスにヒビが入ることもあるので、事前の養生をきちんとしていないと大変です。

しかも、飛び石があっても責任逃れをする業者もいます。







草刈りをした業者が知らんぷりをすると、弁償費用を自分で支払わないといけない可能性もあります。

自分の車に当たっても最悪だし、お隣さんの車に当たるのも最悪ですね。

弁償費用が10万円を軽く超えてもおかしくないので、かなりリスクがあります。


草刈り110番が安心な理由

では次は、

「じゃあ草刈り110番を使うとなんで安心なんだ?」

という所を説明します。


草刈り110番を利用すると、その加盟店を紹介してもらえます。

じゃあ、その加盟店はどんな業者なんだ?ってのを考えてみましょう。

まず間違いなく、きちんと加盟店の審査をしているはずです。

もし適当な仕事をする業者だった場合は、さっき挙げたようなトラブルが起きやすくなります。

そうすると、SNSなどであっという間に悪い評判が広がってしまうでしょう。

場合によってはTVニュースになる可能性もあります。

すると、利用者が激減してしまうのは確実です。


しかも草刈り110番は、運営会社が東京証券取引所に上場しています。

つまり悪い評判・ニュースは、そのまま株価の下落に繋がる可能性があるということ。

株価が下落することは、

  • 資金の調達が難しくなる
  • 人材の確保が難しくなる
  • 会社を買収される可能性が高くなる

このように、その会社にとって大きな問題です。


だからこそ、そうならないために加盟店の審査はきちんと行っているはずです。

つまり、適当な仕事をする業者というハズレを引く可能性がkぐっと下がるという事です。


もし下の2つから草刈り業者を選ぶなら、どっちを選びますか?

  1. 東証に上場している会社の審査をクリアした業者
  2. 自分がたまたま見つけた近所の業者

私なら迷わず「1」を選びます。


草刈り110番を利用するときの流れ

草刈り110番を利用する流れは、こんな感じです。

  1. 無料相談
  2. 条件にあった加盟店のスタッフが現地調査
  3. 作業に関する説明と見積もりの提示
  4. 作業日程を打ち合わせ
  5. 草刈り作業

「1」だけは草刈り110番へ連絡しますが、それ以降は加盟店とのやり取りとなります。

また料金支払いは草刈り後になることが多いようですが、業者によっては前払いになることもあります。


草刈り110番を利用した方が良いタイミング

草刈り110番を利用するなら、

  • 6月~7月
  • 9月~10月
  • 11月~12月

このタイミングがおすすめします。

特に6月~7月、9月~10月は草刈りしておく方が良いと思います。

6月~7月は気温の上昇にともなって雑草もかなり伸びるので、このタイミングできちんと草刈りをしないと伸び放題になってしまいます。

そして9月~10月になると気温が下がってきて雑草も伸びにくくなるので、このタイミングで草刈りしておくとスッキリした状態が長続きします。